1行紹介

(何かと)諦めの悪いオヤジです。

自己紹介文

 生まれ変わったつもりで色々あがいてみるものの、50余年の月日は、ボクの脳を硬化させ、「ゴンベッサ」(シーラカンス)のごとく、ごく一部での利用価値が認められるにすぎない存在です。
 それでも諦めの悪いボクは、若き原石に魅力を感じ、惹き付けられるように近づくのですが、警戒心あらわに拒否されるのがオチです(あたりまえか)。
 これからのことは白紙です。残り数年ぐらいでしょうか、人生を諦められる日が来るまでもうちょっと頑張ってみます。
 

興味のあること

ワイン,コーヒー,グルメ,テニス,釣り, 読書,オーディオ,自然,動物